さまざまな水着

その他に関連する情報

ラッシュガードは、主にサーファーが使用する水着になります。こちらは、ウェットスーツの中に着る場合が多いものですが、有害生物が内部に侵入しないよう、ストレッチの利いた生地を使用し、身体への密着度が高い仕様となっています。使用者の性別による形態の違いはほぼ存在せず、着丈の比較的長い長袖もしくは半袖の上半身部分と、ショーツタイプの下半身部分によって構成されています。ラッシュガードは、身体を保護する機能に重きを置いた水着であるため、他の水着と比較すると厚みがあり、目の詰まった生地を使用するケースが多く見受けられます。また、従来の水着とは、形態や素材の面で違いがあるため、水着とは別のカテゴリーの商品として販売される傾向にありますが、用途や基本的な構造などの上では、実施的に水着そのものと言えます。ラッシュガードの中でも、保温性脳の高いものは、「ウェットインナー」という商品名で販売される場合があります。また、全身を覆うワンピースの商品は、ダイブスキンという呼称が用いられ、ラッシュガードとは別の商品として扱われます。

次に、水着の中には、着用した姿を第3者に見せることを目的として使用するものも存在します。

メインメニュー