さまざまな水着

遊泳用水着の種類など

水着の中でも、遊泳のために使用するもののデザインやカラー、模様などは、まさしく千差万別ですが、白などの薄い色合いの生地は、通常、濡れた時に透けてしまうという問題点があります。こうした生地は、見せるための水着を除いて、使用されるケースは少ないのですが、2000年代ごろから、白でも透けないというキャッチフレーズの、新素材を用いた水着が登場し始めました。

続いて、潜水を目的として使用する水着もあります。その中でも、シュノーケリングなど、主に水面で行なうレジャーのために簡易な潜水用のものには、遊泳用水着が使用されることが多くなっています。その一方で、潜行をともなう、スキンダイビング・スクーバダイビングに於いては、ウェットスーツ・ドライスーツが使われるケースが多く存在します。また、30℃を上回る水温の環境などでは、「ダイブスキン」もしくは「スキンスーツ」という呼称の、全身を覆うタイプの水着が使用されることもあります。

次に、主としてサーフィンをする際に用いられる、「ラッシュガード」という水着もあります。こちらは、低温・紫外線・擦過傷・クラゲなどの有害生物から身を守るために使用する水着で、上ウェットスーツの内側に着用することが多くなります。

メインメニュー